summer judo

夏の柔道はきつい

雑記⑦


さきほど地元の駅でベンチに座って電車を待っていると、どう見ても野球部なやつが隣に座りました。


やがてすぐに電車が来ると、一塁から二塁への盗塁の初速のスピードでベンチから席を立ち、着いた電車へ誰よりも早く駆け抜けて行きました。


彼の駆け抜け方からは、6回表・一塁・二塁アウトのゲッツーが容易に想像出来たのでした。

バッターの大貫君が一塁ゴロなんかするばっかりに。